天然水 RO水

天然水とRO水ってどう違うの?

 今宅配水で扱われているお水には「天然水」と「RO水」があります。どちらが良いなどと一概に言えるものではなく、どちらにも長所があります。

 天然水とは、「ナチュラルウォーター」「ナチュラルミネラルウォーター」などと言われるお水のことで、自然界に存在する天然のミネラル成分をそのままに含んだ水のことです。

飲用するために、ろ過・沈殿・加熱殺菌などの最低限の浄水処理は行われますが、それ以外の処理…例えば人工ミネラルを添加したりするなどの成分調整を行ってしまうと、それはもう「天然水」とは呼べません。

「栄養面」に優れているのが天然水だと言えるでしょう。


それに対して、RO水とは逆浸透膜(RO膜)という1000万分の1mm単位の極小浄化孔フィルターによって、H2O水分子以外の成分をほぼすべて除去した水のことです。水中のミネラル量を表す硬度も、RO膜を通した直後の水はほぼ0となります。

ここ数年懸念されている放射性物質が万一含まれている水であっても、ROろ過されれば完全除去されます。

宅配水サービスでは、このRO膜を通したRO水をそのままお届けする会社もあれば、そののち自社の厳しい管理基準の元にある人工ミネラルを添加して日本人の味覚に合うように成分調整をしてからお届けするところもあります。

ゆえにRO水というのは「安全性」においてこの上なく信頼できるお水だといえます。妊娠してこれからお母さんになるという方は、子供のために少しでも安全で安心できるお水を…!とRO水を選ばれる方が多いですね(*^_^*)

 

サイトマップ